銀行

信託銀行とは?普通銀行との違いは?

この記事の結論は「信託銀行は銀行業務と信託業務を取り扱うことができる独特な銀行。信託の対象は多岐に渡るため、普通銀行よりも業務領域が広い」です。信託銀行と言われて具体的にどのような銀行かイメージが湧くでしょうか。若い人であれば信託銀行と関わる機会が少ないかもしれません。この記事では、信託銀行についてや普通銀行との違い、主な信託銀行、今後の行方についてまとめました。

信託銀行とは?

信託銀行とは

一般社団法人・信託協会の定義によると、信託銀行とは銀行業務と信託業務の両方を営んでいる銀行であり、信託銀行という商号をもつ銀行を指します。すなわち信託銀行は法律上、全ての銀行業務、信託業務を営むことができます。

信託とは「信じて託(たく)す」の言葉から連想できるように、顧客が信託銀行を信じて金銭や土地などの財産を託すことから始まります。信託銀行は顧客の委託目的を遵守し、顧客が指定する人物(受益者)のために必要に応じて委託された財産の管理や譲渡を行います。

信託銀行の業務範囲は多岐に渡ります。主な業務は以下のとおりです。

銀行業務

  • 預金業務
  • 貸出業務
  • 為替業務
  • 付属業務(有価証券の売買、デリバティブ取引など)

銀行の3大業務と呼ばれる「預金」「貸出」「為替」業務を網羅しています。

信託業務

  • 年金信託業務
  • 証券信託業務(投資信託受託)
  • 資産流動化業務(金銭債権、不動産など)

信託銀行が扱うことができる独自の業務です。信託法に則っており、のちにご紹介する商業銀行との明確な違いになります。

併営業務

  • 不動産関連業務(売買仲介、鑑定など)
  • 証券代行業務(株主名簿管理など)
  • 相続関連業務(遺言執行、遺産整理など)

信託業務に付随して発生するサービスです。併営業務によって信託銀行の利便性・顧客の満足度を高めています。

 

普通銀行との違いは?

信託銀行とは

普通銀行とは、町中に店舗を構え預金者からお金を預かり、企業にお金を貸し出す従来型の銀行です。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などの銀行が該当します。

信託銀行と普通銀行の明確な違いは業務領域の広さです。普通銀行には信託業務を行うことを法律上で禁じられています。信託銀行は年金、証券、遺言、不動産など幅広く扱うことができ、顧客ニーズに対して柔軟に対応できることが強みです。

また、信託銀行と普通銀行では店舗数や資金力などといった規模の大きさが異なります。信託銀行のほうが店舗数が少ないので、顧客が利用しにくいというデメリットがあります。

 

主な信託銀行は?

信託銀行とは

金融庁が発表した銀行免許一覧によると、2016年8月現在、日本全国に信託銀行は16行あります。その中でも特に影響力のある信託銀行3行をご紹介します。

三菱UFJ信託銀行

三菱フィナンシャル・グループ傘下の信託銀行であり、信託分野で三菱グループを引っ張る存在です。信託業務では三井住友信託銀行に次ぐ国内第2位の規模を誇ります。三菱UFJ信託銀行は2016年7月、世界最大のアメリカ投資信託市場で資産管理業務に参入するなど海外での影響力も高めています。

三井住友信託銀行

三井住友信託銀行は三井住友トラスト・ホールディングス傘下の信託銀行です。三井住友銀行を率いる三井住友フィナンシャルグループとは資本関係がありませんので気をつけてください。信託業務で国内第1位、銀行業務で国内第5位の規模を誇っています。

みずほ信託銀行

みずほ信託銀行はみずほフィナンシャルグループ傘下の信託銀行です。みずほが掲げる「銀・信・証」の一体経営の中で信託の存在感が高まっています。みずほ信託銀行は特に不動産の分野が強いと言われています。

 

今後の信託銀行の行方

信託銀行とは

高齢化が進展する日本社会。信託銀行のリテール領域は主に高齢者の方が顧客基盤であるため、信託銀行にとって高齢化は追い風になります。また、企業年金のニーズも高齢化を背景に伸びると思われます。

高齢化はあくまで一例であり、日本社会は変化を続けています。日本社会の変化に対して柔軟に応じ、勝機を掴み取ることができる信託銀行が今後伸長していくと予想されます。

あわせて読みたい

カテゴリー