【日本郵船へ就職!】売上、年収、株価、株価推移まとめ|企業研究

日本郵船は過去5年間で売上高が約5000億円増加しているが、利益は上下を繰り返しています。2016年の平均年収は約1036万円で、2017年6月22日現在の株価は203円です。日本郵船は経済活動を下支えする総合物流企業です。この記事では日本郵船の売上や利益、年収や株価についてまとめました。

日本郵船の売上や利益は?

shutterstock_278993375

日本郵船の公表する、有価証券報告書(2016年3月時点)によると、日本郵船の2012年から2016年の過去5年間の

  • 売上高
  • 経常利益
  • 売上高経常利益率
  • 当期純利益

は以下のとおりです(▲はマイナス)。

期間(通期) 売上高 経常利益 売上高経常利益率 当期純利益
2016年 2兆2723億1500万円 600億5800万円 2.6% 182億3800万円
2015年 2兆4018億2000万円 840億1000万円 3.4% 475億9100万円
2014年 2兆2372億3900万円 584億2400万円 2.6% 330億4900万円
2013年 1兆8971億100万円 177億3600万円 0.9% 188億9600万円
2012年 1兆8078億1900万円 ▲332億3800万円 -% ▲728億2000万円

日本郵船の売上高は、過去5年間で約5000億円増加しました。

 

東日本大震災やタイの大洪水の影響が強く出た2012年に経常損失を計上していますが、その後は2015年にかけて回復しています。

売上高経常利益率も2015年までは改善しており、効率化が進んでいました。

 

その影響もあり、売上高および当期純利益も2012年以降回復基調です。

 

2016年は売上高の減少及び売上高経常利益に伴い、経常利益と当期純利益も落ち込みました。

新興国市場での成長停滞、近年の円高の進行、欧州航路での貨物需要の落ち込みが影響しています。

 

日本郵船の年収や勤続年数は?

shutterstock_403154197

日本郵船の有価証券報告書(2016年3月時点)によると、2012年から2016年の過去5年間の社員データは以下のとおりです。

期間(通期) 平均年収 平均勤続年数 平均年齢 社員数
2016年 1036万8297円 13.9年 39.8歳 1131人
2015年 1020万6134円 14.2年 40.0歳 1137人
2014年 974万7408円 14.1年 39.9歳 1136人
2013年 926万3798円 14.4年 38.3歳 1088人
2012年 984万2607円 14.3年 38.3歳 975人

 

日本郵船の平均年収は、過去5年間で約50万円増加しています。

 

1000万円を超え、高い水準となりました。経常損失を計上した2012年から2013年にかけては減少しましたが、その後は継続して増加傾向です。

ただ2016年での当期純利益の減少にともない、2017年の平均年収は微減傾向に転じると考えられています。

 

  • 平均勤続年数
  • 平均年齢
  • 社員数

はいずれも横ばいで推移しています。

 

日本郵船の株価は?

shutterstock_149072456

日本郵船の株価、株価推移

ヤフーファイナンスによると、2017年6月22日現在の日本郵船の株価は

  • 203円

です。

 

最高値 最安値
2017 258円(6/22暫定) 203円(6/22暫定)
2016 337円 169円
2015 386円 290円
2014 342円 254円
2013 336円 205円
2012 201円 138円

 

2016年から持ち直してきていた株価は、2017年3月から下落傾向に戻っています。

 

日本郵船の株式情報

株式情報は以下のとおりです。

上場市場等共証券取引所第一部、名古屋証券取引所第一部

時価総額3129億0100万円

発行済株式総数17億55万988株

 

経済活動の重要事業

shutterstock_396876079

日本郵船は

  • 定期船
  • 航空運送
  • 物流
    など

を主な事業とする企業です。

過去5年間でみると、上下を繰り返しながらも、高い水準で安定した経営を行っていることがわかります。

 

日本郵船のような総合物流企業は「モノ運び」という貿易などの経済活動にとって重要な事業を行っており、今後も安定した経営を期待できます。

 


カテゴリー