北海道で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「北海道の有効求人倍率は1倍を下回る状態が続いている。一方で、観光需要の高まりなどから一部の職種では求人の増加が予想される」です。北海道では長年有効求人倍率が1倍を下回っており、慢性的な求人不足が続いています。この記事では、北海道の就職・転職事情、求人、仕事、IターンやUターンについてまとめました。

北海道は転職、就職がしやすい?求人倍率は?

shutterstock_302125586

北海道労働局によると、2016年3月現在の北海道の月間有効求人倍率は約0.97倍でした。同月の全国平均が1.21倍ですので、北海道の有効求人倍率は全国平均を下回っています。

有効求人倍率は、求職者1人につき何件の求人があるかを表した指標で、1.00倍の場合は1人あたり1件の求人があるということになります。つまり北海道の場合、1人あたり0.97件の求人しかない状態となっており、求人数より求職者数の方が多いということになるのです。

北海道の有効求人倍率は長年にわたって1.00倍を下回る状態が続いており、慢性的な求人不足が続いています。

北海道は気候の変動が大きいうえに、大都市から離れているため製造業があまり発展していません。製造業は工場勤務など多くの雇用を生み出す特徴がありますが、製造業が発展していない北海道ではその分の雇用が生み出されず、有効求人倍率の低迷が続いていると考えられます。

 

北海道の求人件数は?

shutterstock_133642784

2016年8月22日現在、北海道を本社とする企業の求人は、リクナビ2017で662件、マイナビ2017で467件ヒットします。サービス関係の企業からの求人が多く出されています。またメーカー系の企業の求人も多いです。

2016年6月24日現在、就職支援サイト「リクナビNEXT」と「マイナビ転職」における北海道全域での求人状況は以下のようになっています。

雇用形態 検索サイト
マイナビ転職 リクナビNEXT
正社員 464件 393件
契約社員・派遣社員 66件 64件
全ての雇用形態 554件 473件

募集している企業は、野村證券・三井住友銀行などの金融機関や、丸亀製麺などを運営するトリドールや銀だこを運営するホットランドといった飲食業などが多くなっています。

 

北海道で働くならどんな仕事がある?

shutterstock_291969803

北海道は広大な農地を活用した農業が全域で盛んです。近年はバイオ産業の進出も進んでおり、今後の発展が見込まれます。また2016年3月に函館まで北海道新幹線が開業しました。今後より一層観光業が盛んになることが予想されます。そのため、宿泊施設や土産物製造など観光関連の仕事は今後も安定して増加していくと考えられています。

道東地域では農業や漁業、林業を中心とした第一次産業が盛んです。そのため、それらを加工する食品加工産業や製紙業も盛んになっています。

道南地域は北海道の中でも比較的温暖なことから、主要産業である第一次産業だけでなく造船業や電子部品などの工業も発達しています。

道北地域には大自然を生かした観光業が盛んです。さらに林業も行われているため製紙業も発達しています。

札幌などの大都市がある道央地域は工業を中心に、観光業や石炭の産出も行われています。多様な産業が発展している地域です。

北海道は面積が広いため地域によって発展している産業が異なります。そのためそれに合わせて求められる仕事も変わってくるのです。

 

北海道のIターン就職やUターン就職は?

shutterstock_305452457

北海道庁雇用労政課にある 「U・Iターンサポートデスク」では、相談員が就職相談等に応じているほか、求職登録やU・Iターン就職活動のサポートを行っています。また「U・Iターンネットシステム」に求職登録をすると、ネット上でU・Iターン就職希望者を求めている道内企業のU・Iターン求人情報を閲覧できます。

若年向けのU・Iターン支援には

などのサイトが開設されており、新卒でのU・Iターン就職も支援しています。

(参考元:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/ui-turn/

 

おすすめの転職エージェント

リクナビNEXTのホームページによると、リクナビNEXTには以下の3つのメリットがあります。

リクナビNEXTの3つのメリット

  1. グッドポイント診断
  2. 非公開求人からのスカウト
  3. 求人数の多さ

1.グッドポイント診断

グッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つノウハウを活かして開発された診断サービスです。

質問に回答すると、客観的な自分の強みを教えてもらえます。診断結果は応募時に添付することが可能です。

2.非公開求人からのスカウト

職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録すると、興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くサービスがあります。

またスカウトによってのみ知ることができる非公開求人もあります。

3.求人数の多さ

常時5000件以上の求人を掲載しています。また、毎週1000件以上の新着・更新求人があります。

 

有効求人倍率は低いが将来性が見込める

shutterstock_298483961

北海道は、有効求人倍率は1倍を下回っているものの、観光業やシステムエンジニアなど一部の職種では需要が高まっており、求人の増加が予想されます。

最近ではハローワークだけでなく、インターネット上でも求人が募集されます。様々な媒体で情報を収集して自分に合う仕事を探すことをオススメします。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

あわせて読みたい

カテゴリー