政治・経済

京都府の歴史、都市、経済規模、労働人口、平均年収や共働き率は?

この記事の結論は「京都府は長い歴史があり『千年の都』と呼ばれる。2016年の名目県内総生産は約10兆円。平均年収や所得は高いが物価は全国平均をやや上回る程度」です。京都は平安京が成立して以来、1000年以上の歴史があります。この記事では、京都府の歴史や都市、経済規模、労働人口、共働き率についてまとめました。

京都府の歴史は?

shutterstock_271332740

桓武天皇は784年に長岡京、794年に平安京を京都に遷都しました。遷都から1000年以上の歴史を持つことから「千年の都」と呼ばれることもあります。

平安時代の律令制の形骸化にともなって、次第に本来の領域にとらわれない鴨川と大内裏・御所を中心とする都市となり、経済的に発展していきました。

平安中末期には東山山麓に法性寺、鴨川左岸に六勝寺、鳥羽に貴族の別荘が建てられ、六波羅には当時隆盛を極めていた平氏一門の屋敷が軒を連ねました。

鎌倉時代にも京都の朝廷は政治機能を発揮しましたが、東国支配を強めていた鎌倉殿に1185年に守護・地頭の設置を認め、鎌倉幕府が全国支配を強めたため、京都は相対的に経済都市としての性格を強めました。

承久の乱を契機に鎌倉幕府は平家の本拠地跡の六波羅に六波羅探題を設置して、公家勢力の監視を行います。鎌倉時代末期に足利尊氏が六波羅探題を滅ぼすと、幕府滅亡後には京で後醍醐天皇による建武の新政が行われました。その後新政から離反した足利尊氏が北朝を立て、南北朝時代となると京都争奪戦が何度も行われます。

南朝の力が衰えて室町時代になると、京都は室町幕府が置かれたために政治都市として復活しました。経済発展を遂げ、町衆と呼ばれる有力市民による自治の伝統が生まれます。

京内には武家の屋敷は建てないとするそれまでの慣習に反して、足利尊氏が御池高倉辺に屋敷を構えると、以後次々と武家は市中に進出しました。

足利義満は北小路室町(上京区)に花の御所と呼ばれる邸宅を建造し、応仁の乱で焼失するまで将軍家の在所となり、足利将軍は「室町殿」と呼ばれました。

戦国時代の端緒となる応仁の乱で市街の大半が焼失し、その後もたびたび戦乱に巻き込まれました。ただこの後、織田信長や豊臣秀吉の保護と町衆の力により復興します。

豊臣秀次が切腹すると、政治の中心は完全に伏見に移りました。秀吉の没後も徳川家康が伏見城に入り、伏見は引き続き政治の中心として機能します。

関ヶ原合戦後、1603年に徳川家康が伏見城にて征夷大将軍に任官されました。以後3代徳川家光まで伏見城で将軍宣下式を行います。江戸幕府が誕生すると政治の中枢は徐々に伏見から江戸に移ったものの、こうした政都の移動にもかかわらず京都は国都であることに変わりはありませんでした。徳川政権は幕府の京都の拠点として二条城を築き、京都所司代・京都町奉行を設置して直轄下に置きました。

政情が不安定になった幕末には京都守護職が置かれ、その下で新撰組や見廻組が倒幕派の摘発を担いました。

1867年の大政奉還により、統治権が幕府から京都の朝廷に返上されて新政府が誕生しました。京都には京都府が置かれましたが、天皇が江戸で直接政治をみるため、江戸を東京として行幸・滞在(東京行幸)することになり、太政官(政府)も移動されました。その後京都への還幸は延期され、明治天皇は1877年に京都御所の保存を命じました。

これ以降現在まで日本の首都は東京とされています。東京奠都により京都から去ったのは天皇だけでなく公家の多くも去ったことから、今まで「天皇御用達」とされていた商人たちは、破産、もしくは東京に移住するなどしました。その結果京都は当時の人口の3分の2にまで落ち込み、京都の急激な衰退を招きました。

1868年に鳥羽・伏見の戦いがあり、京都裁判所が京都府と改称しました。発足時の領域は山城国のうち藩領を除く地域と摂津国島上郡1村でした。

1871年の廃藩置県の際、第1次府県統合で山城・丹波6県が新たな京都府となり、丹波・丹後・但馬11県が豊岡県となります。京都府は従来の山城国域に加え丹波国域の桑田郡、船井郡、何鹿郡を併合しました。

1876年の第2次府県統合で豊岡県は廃止され、京都府に丹後5郡と丹波国域の天田郡を併合し、現在の京都府域がほぼ画定されました。

 

京都府の都市は?

shutterstock_288809885

京都公式ホームページ「推計人口」によると、2018年時点の京都府の推計人口は259万1779人です。

出典:京都府公式ホームページ「平成29年京都府統計書 第2章 人口・世帯

京都は794年に日本の首都になった平安京を基礎とする都市で、明治天皇が東京に行幸するまでの約1080年に渡って天皇家および公家が集住したため「千年の都」と呼ばれます。

平安時代、室町時代の室町幕府期には日本の政治の中心であり、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代の幕末期などにおいても、日本の政治の中心の1つとして大きな役割を果たしました。

最も人口が多いのは京都市で、147万5183人が住んでいます。

京都府南部に位置する同府最大の市で、府庁所在地です。府の人口の半数以上を占めます。政令指定都市に指定されており、11の区に分けられています。全国の市町村で8番目に人口が多い都市です。昼間人口では神戸市を抜き第6位です。都市雇用圏の基準では、京都市を中心として京都府南部・滋賀県南西部に広がる京都都市圏(京滋)は都市雇用圏として全国第4位の人口で、京阪神大都市圏の一角を担います。

2番目に人口が多いのは宇治市で、人口18万4678人です。京都府の南部に位置する市で、世界遺産となっている平等院、宇治上神社等の文化財や宇治茶等の特産品で知られます。

3番目は亀岡市で、人口8万9479人です。京都府の中西部に位置しています。現在では京都・大阪の衛星都市としての側面ももっています。

出典:京都府公式ホームページ「平成29年京都府統計書 第2章 人口・世帯

 

京都府の経済規模は?

shutterstock_220917184

京都府公式ホームページ「府民経済計算」によると、2016年の京都府の名目県内総生産は約10兆4876億円です。対前年比で約2.0%増加しました。産業別構成比は以下のようになっています。出典:京都府公式ホームページ「第1章 平成28年度府民経済計算の概要

産業 生産額 割合
第一次産業 426億円 0.4%
第二次産業 3兆3085億円 31.5%
第三次産業 7兆0710億円 67.4%

京都府の主要産業の1つであるサービス業が伸長したことで総生産は増加しました。

 

京都府の労働人口は?

shutterstock_330863699

京都府公式ホームページ「年齢各歳別人口」によると、2018年時点での京都府の推計人口は261万0353人でした。年齢区分別人口は以下の表の通りです。  出典:京都府公式ホームページ「【京都府】年齢各歳別人口

年齢区分 人口 割合
年少人口 31万3866人 12%
生産年齢人口 153万9540人 60%
老年人口 60万3419人 23%

総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果」によると、2019年4月から6月期の平均値での京都府の労働力人口は約141.5万人です。完全失業者数は3万5000人で、完全失業率は2.5%となっています。出典:総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果

 

京都府の平均年収は?

shutterstock_338773184

情報サイト「年収ガイド」によると、京都府の平均年収は約488万100円です。平均賞与は89万9700円、平均勤続年数は11.7年となっています。 出典:年収ガイド「京都市の平均所得・年収

京都公式ホームページ「府民経済計算」によると、2016年の京都府の1人あたり府民所得は292万6000円です。同時期の1人当たり国民所得は284万5000円ですので、京都府の1人あたりの所得は約8万円高いことになります。 出典:京都府公式ホームページ「第1章 平成28年度府民経済計算の概要

総務省統計局「都道府県別消費者物価地域差指数」によると、2015年の全国平均を100としたときの京都府の消費者物価地域差指数は100.7です。京都府全体では、物価指数はほぼ平均程度となっています。出典:総務省統計局「消費者物価地域差指数

京都府の共働き率は?

shutterstock_255601519

2017年の京都府の共働き率は46.8%で全国38位です。 出典:「平成29年就業構造基本調査 結果の概要

学校教育情報サイト「Gaccom」によると、2018年10月時点での京都府の待機児童は440人で、全国第29位です。全国と比較して多くはありませんが、待機児童は少なからずいます。出典:Gaccom「全国 – 保育所等待機児童率ランキング(2018年10月)

 

京都府の南北問題

shutterstock_139682344

府庁所在地である京都市への人口集中率が約55%となっており、人口の偏りが問題となっています。

京都府は南北に細長く、内陸側に位置し京都盆地を中心とする南部(京都・山城・南丹地域)と、日本海に面している北部(中丹地域・丹後地域)とで大きな格差が生じています。

南部(山城国)は畿内にあたり、大津市や阪神、奈良県北部と深い交流があります。

一方北部(福知山市、舞鶴市、宮津市など)は北近畿(山陰道)とも呼ばれ、兵庫県北部(但馬国)や福井県嶺南(若狭国)との交流が深く、京都市との交流は比較的浅くなります。

第二次世界大戦後の経済成長を経て、畿内の一角に当たる山城はいち早く発展したのに対し、北部は取り残されました。

近年では、丹波にも工業団地が造成され、畿内(大阪市)から丹後(舞鶴市)を経て北陸(敦賀市)を結ぶ舞鶴若狭自動車道や京都縦貫自動車道の建設や山陰本線複線電化工事が施工されるなど、南北格差の是正が図られています。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

あわせて読みたい