京浜急行の就職、新卒採用や転職は?

この記事の結論は「京浜急行は、新卒採用とキャリア採用の2つの採用を実施している。新卒採用は総合職での募集。初任給は21万950円で、2016年8月現在、キャリア採用は募集していない」です。京浜急行は運輸事業だけでなく、様々な事業を展開しています。幅広い人材を募集しているともいえます。この記事では、京浜急行の就職、新卒採用や転職についてまとめました。

京浜急行の就職事情、職種は?

shutterstock_158718434

京浜急行の公式採用ホームページによると、2016年8月現在、京浜急行では「新卒採用」「キャリア採用」の2つの採用を実施しています。アルバイト、インターンの情報の記載はありません。

各採用の募集職種は以下のとおりです。

【新卒採用】

  • 事務系:事務企画、一般管理(経営計画、総務、経理)など
  • 事務系(都市建築):都市計画、不動産の企画・設計・管理など
  • 技術系:鉄道施設の設計・改良施工管理(建築・土木・電力・通信)など

【キャリア採用】

2016年8月現在、募集を終了しています。

 

京浜急行の新卒採用詳細、初任給は?

shutterstock_403515793

京浜急行の新卒採用ホームページによると、2017年の募集要項は以下のとおりです。なお、2017年度の新卒採用募集期間は終了しています。募集は総合職のみです。

募集要項詳細は以下の通りです。

対象者:2013年4月~2017年3月に4年制大学を卒業または大学院を修了し、正社員として就労経験のない方

募集学科

  • 事務系:全学部・全学科
  • 事務系(都市建築):建築系・土木系・都市工学系学科
  • 技術系:建築系・土木系・電気系・機械系学科

採用予定:若干名

初任給:21万950円(2015年度実績)

昇給:年1回(4月)

賞与:年4回(4月、6月、10月、12月)

勤務時間:本社勤務の場合、9:30~17:45(休憩45分、実働7時間30分)

休日休暇:本社勤務の場合、完全週休2日制、国民の祝日、会社創立記念日、年末年始、慶弔休暇、リフレッシュ休暇ほか

福利厚生:各種社会保険、社内預金、社内住宅資金貸付、社員持株会、財形貯蓄、独身寮、社宅、京急ファミリークラブ(診療所・スポーツ施設)、野球場、共済組合、災害補償制度(社内制度)、団体生命・損害保険加入制度ほか

教育制度としては、入社より数日間京急グループ新入社員合同研修にて基本的なビジネスマナーを学んだ後、約5ヶ月間の現場研修があります。

選考フローはホームページよりエントリーしたあと、任意参加の説明会があります。その後エントリーシート提出して複数回の選考があります。

賞与を1ヶ月分と仮定すると、初年度の年収は337万5200円です。関連記事にまとめた通り、20代前半で年収300万円を稼ぐ人は上位50%以内です。

 

京浜急行は転職者も募集している?

shutterstock_425177242

京浜急行の採用ホームページには「キャリア採用」の項目が設けられていますが、2016年8月現在、エントリー受付を終了しています。

新卒採用が総合職のみの募集であることや他の私鉄の募集内容を鑑みると、鉄道現業職での採用枠であることが予想されます。

鉄道現業職では、一般的に、運伝業務、駅務、路線や電気設備の保守・管理など、鉄道営業に関わる現場の運営に関する業務が行われています。新卒者から社会人まで広い対象での募集が行われることが一般的です。

キャリア採用は人員が不足した際に募集が行われますので、ホームページをこまめにチェックすることがオススメです。

 

運輸事業が全てではない

shutterstock_420895099

京浜急行では「新卒採用」「キャリア採用」の2種類の採用を実施しています。新卒採用では、総合職のみの募集となっています。

大手の鉄道会社は、鉄道などの運輸事業だけでなく、ざまざまな事業を行っています。入社後に様々なキャリアの可能性があるともいえます。

 


カテゴリー